妊娠中の親知らずの抜歯

妊娠中の親知らずは抜歯できる!?【妊婦と親知らず】

妊娠中の親知らずは抜歯できる!?【妊婦と親知らず】

 

 

 

妊娠中の方は親知らずがなんともなかったのに
突然腫れてしまったり、痛み出してしまうことが多いです。

 

 

これは妊娠することで、ホルモンバランスの変化によるものと
つわりにより口内が不衛生によって親知らずが炎症を引き起こしてしまうとされます。

 

 

本来なら親知らずは抜歯することになりますが、
妊婦さんは親知らずを抜歯することができるのでしょうか?

 

 

ここでは妊婦さんと親知らずについてお伝えしたいと思います。

 

 

妊婦さんは親知らずを抜歯できるか?

 

 

妊娠中でも親知らずは抜歯することができますが
時期によっては抜歯できない場合があります。

 

 

①妊娠初期(妊娠1~4か月)

 

 

この時期に親知らずを抜歯するのはできる限り避けるべきとされます。

 

まだ胎盤などが安定していないので、切迫流産の恐れもあり
つわりと吐き気もあるため、施術をしっかりと行えない場合があります。

 

ただ急を要する場合やつわりなどがない場合には抜歯することもあります。

 

 

②妊娠中期(妊娠5~8か月)

 

妊娠中の親知らずの抜歯は妊娠5~8か月の
いわゆる妊娠安定期の時期に行うことができます。

 

 

麻酔をして大丈夫なのか?と心配になりますが、
妊婦さんも一般の患者さんと同じように治療していくので大丈夫です。

 

 

またレントゲンは妊婦さんは避けるべきとされますが、胎児を撮るわけでも
ないですし、レントゲンを撮るときはエプロンをするので、心配はいらないでしょう。

 

 

③妊娠後期(妊娠9か月以降)

 

 

妊娠後期になりますと、突然の陣痛や破水の可能性もあるので
親知らずの抜歯はあまりすすめられません。

 

 

本来であれば親知らずは妊娠中に抜歯するのが望ましいので
この時期よりも前に抜歯は済ませておきたいです。

 

 

ということで妊婦さんが親知らずを抜歯する場合には
安定期に入った妊娠中期に抜いていきます。

 

 

ただ痛みが伴ったり、炎症を引き起こしている場合には
ただちに抜歯することもあります。

 

 

妊娠何か月なのか関係なく、親知らずが腫れているなどしたら
すぐに歯医者さんに行き診察してもらうようにしてください。

 

 

妊娠中の歯の炎症ケア

 

 

妊娠中にはホルモンバランスの変化により親知らずの炎症だけでなく
歯周病の初期段階である、歯肉炎になってしまう場合があります。

 

 

妊娠5週目~20週目によく歯肉炎になりやすく
この時期は妊娠歯周炎と呼ばれています。

 

 

妊娠中はつわりによって、虫歯にもなりやすいので
普段よりも口内のケアには気をつけなければいけません。

 

 

緑茶を飲む

 

 

歯を磨くことは当然として、妊婦さんの場合には
緑茶を飲むことで緑茶のカテキンが口内を清潔にするためおすすめです。

 

 

またつわりで歯を磨くこともできない場合には、
うがいや緑茶を飲むだけでもいいので、行うようにして下さい。

 

 

ということで、もし妊婦さんで親知らずが生えてきたり、
腫れたり、痛みがある場合には、今すぐに歯医者に行くようにしましょう!

 

 

以上妊婦さんと親知らずについてでした

先生に聞いてみました!おすすめの葉酸!



葉酸サプリは胎児の成長に欠かせない栄養素である葉酸の
摂取を目的としたサプリメントで、胎児の奇形性を予防する効果も実証されています。

産婦人科でも葉酸の摂取を推奨されており、母子手帳にも
栄養補助食品(サプリメント)での葉酸の摂取をするように明記されています。

しかし葉酸サプリと言っても種類がたくさんあります。
当サイトでは管理人が産婦人科医にどの葉酸サプリを摂取すべきか聞いてまいりました。


⇒葉酸の選び方のポイントとおすすめランキング!

ホーム RSS購読 サイトマップ