妊娠初期にお腹が出る

妊娠初期なのにお腹が出るのはなぜなのか!

妊娠初期なのにお腹が出るのなぜなのか!

 

 

 

妊婦さんがお腹が出る時期というのは個人差がありますが、妊娠13週目頃とされています。この時の子宮の大きさはメロンほどの大きさをして、お腹も少し出ているかなと感じる程度です。

 

 

これが妊娠16週目を迎えると、周りからも妊婦さんと分かるほどにお腹が出てきます。

 

 

そして妊婦さんによっては妊娠13週よりもかなり前からお腹が出ることもあります。

 

 

よく妊娠初期にお腹が出るのは双子なのでは?と疑問に持たれるようですが
実は妊娠初期のお腹の大きさと双子かどうかは特に関係はありません。

 

 

双子の場合には妊娠安定期以降(16週~)からお腹の大きさが通常と比べて1.5倍の大きさで出てきます。また妊婦さんの体重は通常よりも双子の場合には1.3倍ほど増加します。

 

 

そのため妊娠初期にお腹が出るのは双子とは関係なく、他に原因が考えられます。
ここでは妊娠初期にお腹が出る原因などについてお伝えします。

 

 

妊娠初期にお腹が出る原因について

 

 

妊娠初期にお腹が出るのは大きく分けて4つあるとされています。

 

 

①出産経験のある方

 

 

まず出産経験のある妊婦さんは、妊娠初期でもお腹が出やすいです。

 

 

なぜかというと妊娠1か月ぐらいの子宮の大きさは卵ほどの大きさほどなのですが、出産経験がある方は1度子宮が大きくなっているためく、妊娠1か月である妊娠初期でも子宮が大きくなり、お腹が出るというわけなのです。

 

 

※イメージとしては1度大きく膨らませた風船は膨らみやすい原理と一緒です。

 

 

初めて妊娠する方は妊娠1か月から徐々に子宮が大きくなりはじめ、
妊娠13週目になると目に見えてお腹が出てきます。

 

※早い人は妊娠10週目くらいからお腹が出てくることも十分にあり得ます。

 

 

ということで、はじめて妊娠する方で妊娠初期にお腹が出ている人は
子宮が大きくなっているわけではなく、他に原因があると言えます。。

 

 

②便秘やガスによるもの

 

 

妊娠することで黄体ホルモンが子宮が収縮するのを抑えるため分泌されますが、子宮だけでなく逆に腸の運動も鈍くさせてしまう場合があります。

 

 

そのため妊娠初期は特に便秘になりやすいとされます。

 

 

腸内に便が3日以上溜まってしまうと、その便が腐敗し始めて
インドールやスカトールという悪臭のガスを発生します。

 

 

するとこのガスが腸管内で充満してしまうことで腸内が膨らむことによって、お腹が出てしまうのです。

 

 

便秘やガスが充満しても羊水につつまれている胎児を圧迫することはありませんが血液に便秘による有害なガスが溶け込み、不衛生な血液を胎児に栄養素として送ってしまうので注意が必要です

 

 

もし便秘気味でお腹が張っている方は腸内環境を整えて、
特にガスを吸収させることができるガスピタンがおすすめとされます。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

お腹の張りであれば3日間服用することでほとんど解消できてしまいます。

 

 

②胃下垂や食べ過ぎ

 

 

胃下垂は胃の位置が通常よりも下になってしまい、下腹部が出るような症状で、特に妊娠初期は胃下垂にもなりやすい時期とされます。

 

 

なぜ妊娠初期に胃下垂になりやすいのかというと胎盤が形成しはじめて、
体に大きな変化があり、骨盤が歪んでしまう場合があります。

 

 

すると臓器を支えきれずに胃が下がってしまい、妊娠初期であるにもかかわらずお腹が出てしまいます。

 

 

また骨盤の歪みによるものではなく、便秘や消化不良によって胃に食べ物が
残留してしまい、その重さで胃が下がることでお腹が出ることもあります。

 

 

胃下垂ではなく妊娠初期に食欲が増して、単に食べ過ぎによってお腹が膨れることがあります。特に小柄な人ほど食べ過ぎによってお腹が出やすいので注意してください。

 

 

胃下垂に効果的な方法としてはウォーキングが挙げられます。
ウォーキングによって自律神経が整い、便秘も解消され、歪みも改善されていきます。

 

 

ストレス解消にもなり、特に妊娠初期は産婦人科でも
ウォーキングを推奨されるので積極的に行っていきましょう。

 

 

※ウォーキングは1日30分(買い物などの時間も合わせて可)外に出て歩くだけで構いません。

 

 

③卵巣の腫れ

 

 

また珍しいケースですと卵巣が腫れていることで、お腹が出てしまっている場合があります。

 

 

妊娠初期のお腹が出ている以外に、子宮まわりがチクチクと痛み出している卵巣の腫れを引き起こしている可能性が高いです。

 

 

またその他にも卵巣のう腫卵巣腫瘍という症状を患うとお腹が出ます。

 

 

放っておくのは絶対にいけないので、お腹が出て、さらに痛みが伴ったり、
違和感を感じる場合にはすぐ産婦人科に行き診察を受けるようにして下さい。

 

 

ということで妊娠初期にお腹が出るのは以上の4つが原因とされます。

 

 

妊娠初期にお腹が出ていると異常妊娠を気にされる方もいらっしゃるのですが、基本的に卵巣の腫れ以外には心配はいらないとされます。

 

 

ということで妊娠初期なのにお腹が出る原因についてでした

先生に聞いてみました!おすすめの葉酸!



葉酸サプリは胎児の成長に欠かせない栄養素である葉酸の
摂取を目的としたサプリメントで、胎児の奇形性を予防する効果も実証されています。

産婦人科でも葉酸の摂取を推奨されており、母子手帳にも
栄養補助食品(サプリメント)での葉酸の摂取をするように明記されています。

しかし葉酸サプリと言っても種類がたくさんあります。
当サイトでは管理人が産婦人科医にどの葉酸サプリを摂取すべきか聞いてまいりました。


⇒葉酸の選び方のポイントとおすすめランキング!

ホーム RSS購読 サイトマップ